レーザートーニングの副作用の症状とは

施術を受けた日は肌を休ませることが大事

シミやソバカスを治すためレーザートーニングを受ける : 施術を受けた日は肌を休ませることが大事 : 副作用も把握しておくことが大事

レーザートーニングは肌内部にできてしまったメラニン色素を薄くしてくれるだけではなく、肝斑の症状やお肌にハリが出るようになったり肌のキメが改善するなど、肌全般のトラブルに対処することが出来る特徴があり驚きました。
これは肌に直接医療レーザーを照射することで、皮膚深部である真皮上層にまでレーザー光線が届き、コラーゲンの生成を促してくれるからだと説明を受けました。
人によっては口の周りのほうれい線や目元の小ジワなどにも美容効果が合ったり、顔全体のリフトアップ効果も期待することが出来ると知ったので、とても便利な美容施術だと感じました。
ただ施術を受ける上で医師から副作用に関する説明も受けました。
医療レーザーを肌に直接照射すると肌質によっては施術部位に赤みがでてしまったり、チクチクとした痒みを感じるなどの症状が出たりする可能性があると言われたので、施術を受けた日はあまり体を過度に動かす運動はせずに、肌を休ませることが大切だとアドバイスを受けました。